読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikko-san's

シェアハウスとかそこらへんのおはなし

「皆でだらだらできる場所づくり」

「皆でだらだらできる場所づくり」

このエントリを見て、自分はだらだらプレイスが好きで、

そういう場所を作ったのだなと思った。

 

自信を振り返ってみると、小学時代は友達の家、中学時代は塾・神社

高校時代は図書館・部室、大学時代は24時間稼働のパソコン室

社会人になってそういった場所はなく、仕事を辞め、シェアハウスを立ち上げ、

お店を始めたのは、自分がだらだら出来る場所を作りたかったからだと思う。

 

だらだら空間でのだらだらから生まれる交流、ひらめき、満足感、開放感、生産的ではない空間こそがなにかを産み出すような気がする。

 

訪れる人から「先輩の家に遊びに来たみたい」という謎の形容を受けていたが、それは的を射ていたということだ。

 

また、僕の店はけっこう時間に余裕のある店であり、お客さんから「お客さん来ないね」と言わるるが、僕がいてお客さんがだらだら出来ているうちは問題はないと思う。